« 英語コミュニケーション科 日本文化体験② | トップページ | キャビンアテンダントコース 職場見学 »

2018年11月22日 (木)

鉄道科 課外授業

皆さん、こんにちは!
本日のブログは鉄道科です。



こんにちは、鉄道科の國武(クニタケ)です。
今回は運転体験シミュレータ課外授業のお話です。

鉄道科2年生は先月と今月に1回ずつ、さいたま市の鉄道博物館にて「運転シミュレータ」の学習をします。先月は初級編で基本操作の方法、今月は中級編で信号や速度制限を守った運転等カリキュラムが異なります。

R3

さて、「上級編は?」と思った方もいらっしゃると思いますが、学校内にある運転シミュレータで行います。上級カリキュラムは、異常時対応(沿線火災や地震等)を中心に私がマンツーマンで指導しています。ホスピオリジナルの制服を着用して、点呼から行っています。

「鉄道博物館ではJR東日本の運転台でATS-P方式の運転の体験」「学校では東急電鉄の運転台でATC方式の運転の体験」と変えて授業を行います。授業を担当する時、以前はJR東日本の車両と東急電鉄の車両を運転していましたので運転台を見るたびに懐かしい気持ちになります。

常に学生の皆さんにお伝えしていることは運転士の役割は「電車を動かすことでなく、危ないと思ったら止める」ということ。

ずーっと忘れないでいてくださいね。



次回のブログはキャビンアテンダントコースです。
お楽しみに!

« 英語コミュニケーション科 日本文化体験② | トップページ | キャビンアテンダントコース 職場見学 »